オーストラリア遠征③

植田です。

夜中に激しい雷と雨のお陰か、今日は空気が昨日よりもずいぶんましで、上着1枚では足りない位の肌寒い1日でした。

予選1回戦、1stセットは相手の力強いショットに防戦一方でした。少しずつタイミングが合いだし、ラリー戦に持っていくことはできましたが、序盤のリードを巻き返す事ができず2-6で落としてしまいました。

2ndセットではラリーから積極的に攻撃し、良い形でポイントを取る回数が増えてきました。そして競りながらも6-4で奪い10ポイントタイブレークのファイナルセットに突入しました。

ここでもお互いに緊張感のある勝負でしたが、中盤に新見のふとしたミスが致命傷となってしまいました。

結局ファイナルセットは5-10で落としてしまい、惜しくも敗退してしまいました。

すでに大人の試合にも挑戦している相手に手応えは十分でしたが、1つのミスが勝敗を決めるということを痛感しました。しかし、弱気なミスではなく、こちらからポイントを奪いにいった積極的なミスなので、競った場面でしっかり打てたことは良かったと思います。

試合に負けると新しい課題がどんどん出てくるもので、まだまだ多くの伸び代があることも分かる貴重な試合でした。

次はオーストラリアンオープンの予選が同じ会場で行われます。まだ出場できるか分かりませんが、それまでしっかり練習して、大舞台での1勝を目指して頑張りたいと思います!

記事が気に入ったら「いいね!」お願いします!

いいね! 0
最初の「いいね!」お願いします。

シェアする