柔道部物語 ヒカルの碁(萩尾)

師弟関係はスポーツだけならず、囲碁や料理、治療や武道あらゆる分野で重要だといえます。

師匠と弟子、先生と生徒はにていますが、まったく異なり、弟子は自ら積極的に学ぼうとするので、師は「教えず」「技を盗む」を期待して日々過ごします。

自分自身もから学ぶ姿勢を大切にしています。なので、日々、変化・気づきがあり、考えることは尽きません。

マンガ「ヒカルの碁」「柔道部物語」は、

師弟関係をうまく描いていて、上達の秘訣をうまく描いています。

ぜひ読んでみてください。

上達には近道がある!

 

自分の趣味である囲碁も、最初の師が素晴らしいプロ棋士だったことが幸運でしたよ!(^^)!

学ぶことを尽きません。

萩尾

シェアする